今まで感じた事のない精密感のあるエンジンに感動。でも、GSX-S750には、さらに二番底がありました。そのキッカケは? 排気量が750ccだからって、ナメるとこれはやられるかも!?

タイヤに熱が入った後、全く世界が変わる

《前編からの続きです》

画像1: タイヤに熱が入った後、全く世界が変わる

エンジンに感動して走りまわっているうちに、だんだんタイヤが温まって本来の性能を発揮しはじめます。

体感的には、車体をバンクさせている最中の安定感がどんどん増してくる感じ。

そうなると乗り手は操作に自信が持てますから、もっとアグレッシブに走りたくなるのがライダー人情というやつです(笑)

そうして、さっきまでより意識的に一歩踏み込んでみた瞬間……GSX-S750が化けました。

画像2: タイヤに熱が入った後、全く世界が変わる

これはヤバい!?

こっちの要求すべてにGSX-S750が、理想的に応えてくれるんです。

スリッパークラッチの安心感に支えられながらのブレーキングはイメージ通りに決まり、そこから狙った走行ラインを寸分も外さずにバイクが曲がっていきます。

ブレーキリリースと共に、笑えるくらいスパンッ!と車体の向きが変わる!?

そしてコーナーの出口では、極上の加速フィーリングを思い切り路面に叩きつけるだけ。8000回転くらいから、さらにパワーが溢れてきます。

めちゃくちゃ速い!

難しいテクニックは特に要求されません。

なのに恐ろしいほどに自由自在で、恐ろしくなるほどワクワクする!

だって、本当に自分の手足みたいにバイクが動くんです!

画像: どこまでも強くブレーキングできるんじゃないかと思うほどに自在なブレーキフィーリングでした。前後サスペンションとのマッチングも完璧です!

どこまでも強くブレーキングできるんじゃないかと思うほどに自在なブレーキフィーリングでした。前後サスペンションとのマッチングも完璧です!

圧倒的に孤高な『ナナハン四発』GSX-S750

今や1000ccオーバーの排気量も、200馬力も当たり前の時代です。

それに、スポーティ感を味わうなら、スズキのSV650のようなVツインスポーツだってあります。

でも、そんな中にあってさえGSX-S750、現代のナナハン四発は強烈に「孤高」だと思い知らされました。

画像: ヘッドライトもエッジが効いたデザインです。車体全体に対してのサイズのバランス感が絶妙でした。

ヘッドライトもエッジが効いたデザインです。車体全体に対してのサイズのバランス感が絶妙でした。

エンジンは言わずもがな。オーバー100馬力のパワーを余裕で受け止めるフレームの剛性感。強いブレーキングでも乱れない車体の姿勢。身体にスッと馴染むライディングポジション。コンパクトなエンジンのおかげで、ギュッと引き締まったデザイン。

どれをとっても文句のつけようがありません。

走りが好きなライダーの願いを全部叶えてくれるんです。

もういっそGSX-S750が神々しく見えてくる気持ちになりました。

あえて選び『こだわる人』の気持ちがわかる

画像: あえて選び『こだわる人』の気持ちがわかる

とはいえGSX-S750は、大枠として750ccのネイキッドです。

場合によっては、ハイパワーな大排気量車を駆るバイク仲間に『なんで今さらナナハンのネイキッド?』なんて、軽く侮られるかもしれません。

でもそれは、GSX-S750の真髄を知らないからこそ言える台詞。

このバイクがボクの愛車だったら『後で見てろよ~? 峠で後ろから突きまわしてやるからな~』なんて、内心ほくそ笑む自分を止められないと思います。

そして走り終わった後に、こう言ってやるんです……

『スズキのナナハン、ナメんなよ?』 ってね!

操る楽しさを重視するなら『SV650』も!

足着き性&ディテールCHECK

重量212kgの車体で、両足べったりの足着き性があれば取り回しに不安はまったく感じません。日本人の体格にジャストフィット!(ライダー身長176cm)

画像: 乾いた4気筒エンジンのサウンドも独自の味わいでした。750ccだからこそ、の音質に酔いしれます。

乾いた4気筒エンジンのサウンドも独自の味わいでした。750ccだからこそ、の音質に酔いしれます。

画像: ステップの滑りにくさ、ヒールガードのフィット感も文句なし。ガッチリ車体をホールドできる!

ステップの滑りにくさ、ヒールガードのフィット感も文句なし。ガッチリ車体をホールドできる!

画像: 8000回転から上での伸び感に、ちょっとした感動があります!

8000回転から上での伸び感に、ちょっとした感動があります!

まだでしたら是非、前編もどうぞ!

GSX-S750もランクイン!

スズキファンのためのWEBサイト!

This article is a sponsored article by
''.