スズキのバイクを愛するライダーでも、実はよく知らないと思う小ネタをひとつ。スズキ車のカウルにはネジのところに穴が開いていたり、そうでなかったりします。これ何のためか知ってる?

スズキのバイクのカウルには『謎の穴』が空いている

画像1: スズキのバイクのカウルには『謎の穴』が空いている

スズキのバイクの樹脂パーツやカウルの『ネジ付近』に、たまに穴があいていることってご存じですか?

ただし、すべてのネジ付近じゃないんですよ。ところどころ、です。

例えば人気のVストローム250にもあります。

上の写真をズームして……

Vストロームのロゴの『V』の字の上あたりにネジがありますよね?

これをさらにズームで拡大すると!

画像2: スズキのバイクのカウルには『謎の穴』が空いている

ほら、 ネジの部分に穴が開いているんです。

この穴って何なんでしょう?

しかも不思議なんですけどね……

画像3: スズキのバイクのカウルには『謎の穴』が空いている

スズキの『S』マークがある黒い樹脂パーツ。いわゆるシュラウド部分のネジ穴のところにもあります。

V-Stromのロゴで言うと『t』の文字の下あたりのネジですが

画像4: スズキのバイクのカウルには『謎の穴』が空いている

こうなってます。

やっぱり穴があいてる。

ちなみに、これは車体右側/マフラー側なんですが、車体左側の同じ部分を見てみると……

画像5: スズキのバイクのカウルには『謎の穴』が空いている

左側には穴がありません。

これはVストローム250だけの話じゃないんです。

GSX-S1000FやGSX-R1000R、Vストローム1050などにも

他にも例えば……

画像1: GSX-S1000FやGSX-R1000R、Vストローム1050などにも

GSX-S1000Fだとこちらです。

画像2: GSX-S1000FやGSX-R1000R、Vストローム1050などにも

どこだかわかります?

Vストローム250とすこし穴の形状が違いますけど、やっぱりネジの部分に穴が開いてる。

ちなみにこの写真は車体左側(マフラーが無い側)なので、マフラーの存在は穴の有無には関係ありません。

画像3: GSX-S1000FやGSX-R1000R、Vストローム1050などにも

上の写真の車体右側の同じ場所にあるネジのところにも開いてます。

画像4: GSX-S1000FやGSX-R1000R、Vストローム1050などにも

かといって。すべてのネジのところに穴が開いているわけではないんですよ。

あとは、ほら?

最新モデルのV-Strom1050にも!

スーパースポーツGSX-R1000Rにもあります。

基本的にはカウル付きのバイクに多く見られる穴であることは間違いありません。

GSX-R1000Rの場合はタンクのカバーのところですね。

こうやってスズキ車のカウルには、ちょいちょい『謎の穴』を見つけることができます。

それではここで問題!

カウルにある『謎の穴』は何のためにある?

  • 部品生産ラインで『数』を量産する時にできてしまう穴

    残念、不正解です。

    正解はシンプルに『雨水などが溜まらないようにする水抜き穴』です!

  • パーツ塗装の時、乾燥させる過程でフックで吊るすため

    残念、不正解です。

    正解はシンプルに『雨水などが溜まらないようにする水抜き穴』でした!

  • 雨水が溜まらないように、水抜きの穴として開いている

    お見事、正解!

    さすがです!

  • 部品生産ラインで『数』を量産する時にできてしまう穴
    7
    1217
  • パーツ塗装の時、乾燥させる過程でフックで吊るすため
    17
    2946
  • 雨水が溜まらないように、水抜きの穴として開いている
    76
    13304

正解できました?

この穴は『駐車時にネジ部分に水などが溜まらないための水抜き穴』です。

同じ部分でも車体の左右で『穴がある/無し』があるのはサイドスタンドが理由。

サイドスタンドを掛けた状態で駐車している際に、ネジ部分に水が溜まってしまうと予測できる箇所には『水抜き用』として穴が開けられています。

スズキのサービスの人曰く

『仮にステンレスのボルトでも、水に浸りっぱなしというのは状態として好ましくはありません』

とのこと。

そうですよね。ネジが錆びると破損の危険もあるし、バイク自体も傷んで見えますから。

さすがスズキ……

こういう『ユーザーへの思いやり』はやっぱり一流です!

スズキアルティメットクイズは他にもあります!

こちらも人気!

スズキファンのためのWEBサイト!

This article is a sponsored article by
''.