スズキの名機エンジンと言えば油冷や隼のエンジンなどたくさんあります。けれど、実はスズキで最もたくさん作られたエンジンはそれじゃないんです。しかも、そのエンジン、隼と同じ1999年に生まれているんですよ?

スズキのバイク用エンジンの隠れた名機

画像: スズキのバイク用エンジンの隠れた名機

こちらは1999年、隼と同じ年に生まれたSV650Sです。ハーフカウル装着モデルの『S』となります。

ちなみにネイキッドのSV650も同時に展開されましたが、2台とも基本的には海外向けのバイクで、当時は日本国内で見かける機会はほとんどありませんでした。

そして、もう車名からお気づきのかたも多いでしょう。今回のお題は650ccのVツインエンジンです。

現行車でもこのエンジン、使われていますよね!

スズキで一番人気の大型バイクは実はSV650?

画像: スズキで一番人気の大型バイクは実はSV650?

SV650!

これに搭載されているエンジンですね。

ミドルクラスの超万能ネイキッドとして、ジワジワ浸透中。実はスズキの大型バイクの中でも、いちばんたくさん売れてる車種だったります。

SV650Xも当然のように

画像: SV650Xも当然のように

そして当然ですが、SV650のファクトリーカスタムである「SV650X」にも、そのエンジンは搭載されています。

お洒落バイクに見えますが、このエンジンのおかげで本当にスポーティな仕上がりになっているんです。

トドメは奇跡の650ccアドベンチャー『Vストローム650/XT』

画像: トドメは奇跡の650ccアドベンチャー『Vストローム650/XT』

そして奇跡のミドルクラス・アドベンチャーバイク「Vストローム650/XT」にも搭載。

これは本当にヤバい……アンダー100万円で新車が買えるにも関わらず、秘めた実力的には200万円オーバーの高級車にも負けないレベルの傑作バイクです。

ちょっと前置き長いですね、すみません。

要するに私(北岡)としては、1999年に生まれたスズキの650ccエンジンはまだまだ現役! どころか最前線で活躍している超傑作エンジンなんだぞ!って言いたかったのです。

で、ここから問題!

この650ccエンジンは1999年以降、何個くらい作られてきたと思いますか?

画像: 【クイズ】高難度! スズキ『SV650』や『Vストローム650』に搭載されてる隠れた名機エンジンを知ってる?【スズキ アルティメットクイズ⑧/難易度☆☆☆☆】

クイズに回答すると、みんなの回答結果を見ることができます。

今回はちょっと難易度高めですかね?

まぁ、そこはバイク乗りの野生の勘でがんばってください!

  • 10~20万基

    残念。不正解です。

    この650ccエンジンは外車のスポーツバイクメーカーなどにも単体で供給されたりもしており、実に40万基以上が製造されたとのこと。すごすぎる……

  • 20~30万基

    残念。このエンジンの実績はもっと上なのです。

    外車の某有名スポーツバイクメーカーなどにも単体供給しており、実に40万基以上が製造されたとのこと。すごすぎる……

  • 30万基以上

    正解です。お見事!

    スズキは海外のバイクメーカーにエンジン単体の供給などもしており、実に40万基以上が製造されたとのことです。

    バイク40万台分ですよ? すさまじい実績と言う他ありません

  • 10~20万基
    13
    353
  • 20~30万基
    24
    657
  • 30万基以上
    64
    1775

傑作エンジンだからこそ……

画像: 傑作エンジンだからこそ……

ただですね、このクイズの答えの数字は私が2016年1月に雑誌GOGGLEで取材した時のデータなので、ちょっと(かなり?)古いです。

最新の数字をメーカーの人に問い合わせてみたのですが『グローバルでの数字なので最新のものを出そうと思うと集計に時間がかかります』とのこと。

(下に続きます)

残念……でもこういう歴史を知ると、乗りやすくてフレンドリーなバイクが多いのに、実はスズキの650ccってスゲェんだ!? って驚きますよね。

ですから、SV650やVストローム650に乗っているライダーのみなさんは覚えておいてくださいよ?

あなたのバイクのエンジンは、実はとんでもなく偉大だっていうことを!

その他の『スズキ アルティメットクイズ』はこちら!

スズキファンのためのWEBサイト!

【Twitterはじめてみました】

僭越ながらフォローなど頂けると、私(北岡)が喜びます……

This article is a sponsored article by
''.